初めましての人コチラ

 Fishギャングくんとしてブログ開設してみた

初めまして!こんにちわ、こんばんわ、おはようございます。

まずはモンスターエナジーどうぞ!(眠くならないように

青森県在住の24歳 男 釣りをメインに生き物を相手にした遊びが人生の趣味と悟った、かなりの人見知りで一人行動好きなFIshギャングくんです。


この度釣りメインに生き物と自然の安らぎに焦点あてて自分の欲求に従った行動によってもたらされた、出会いと感動と苦悩を綴るためにブログやらせていただきます(*’ω’*)

人に読まれて面白いか為になるか自信ありませんが、僕自身一人で色々やること多く人生楽しく波乱万丈に過ごさせてもらってるので面白いハズですw

唐突ですが…..

※自分奮起の為にお付き合いください(;´・ω・)

皆さんは「自分のしたいこと」「将来の理想像」はハッキリとしてますか?

man facing clouds during golden time

僕は新たな趣味として今日からブログをはじめてみました。

一応中学生の頃に釣りが好きだったのでブログしてた経験はあります

正直長話も苦手だし、文章考えるのとか小さい時から苦手なのによくブログに手を出したな~って思うのですが、意外とやってみるとブログって書いてる最中も添削できるので、自分自身と会話してるというか悟りを開いてる状態に近いって思いました。

手を出してみて一番重要なのは行動する勇気とやる気だと僕は改めて思いました。

あれやりたいなーって思ったときに思うだけならいくらでも湧いてきますが、実際にやってみないことには気づけないことも沢山あると思います。

一歩なんですよね何事も。 たった一歩が思いもしない自分自身の運命を大きく変えてしまう要因になるのです。
このブログをなんらかしらの形で訪れた人も何かを求めて一歩踏み出して行動したからこそ、このブログにたどり着いて、この人どんな人なんだろ?って記事を見ていくうちに

あ、このブログの人まともなこと書いてねぇぞ。

なんてワイルドで男らしい生活してるのかしら♥️

是非ともお逢いしたいわ。

とか何か気付けたり、自分に取り組めたり意識変えるきっかけになったりするかもしれません。

そんな価値あることいてないけど

ところで、近代SNSの発達具合凄いですよねー

気軽に直ぐにその場で有名人から一般人までの情報を覗けるようになって本当に凄いです。Fishギャング君は釣りが好きなので釣り情報メインに活用してますが、昔なら自分で人に聞いたり現地に行って竿を垂らしてみないと何が釣れるとかわかりませんからね(。´Д⊂)

Fishギャングくんも学生だった頃はまだスマートフォンとか無かった時代なので、釣果調べは新聞紙の釣り情報みたり、釣具屋行って釣果情報みたり、パソコンつかってブログを読み漁ってました。

LISA78_MBAsawaru20141018102912500-thumb-1089x800-5892


なぜブログを始めたのか?

photography of burning camp fire

一言で言うと自分を振り返り次に繋げるためだったり、自分で行動出来ない人の為の原動力になったらなぁって思うのもありまして

「自身の今までを振り返り思い出にふけり何を得たかどうしたらよかったか等、次へのステップの背中押す糧にし明日へ繋げることができるか?」また、「仕事上、家族いるから等の理由により自由にしたいことができない人の為にも僕の活躍を見てもらい満足していただけたら」とおもいブログを始めるきっかけになりました。

また、近年人気のツイッターやインスタグラムなどで画像と一言ですぐ釣果アップできる中、ブログならではである1記事1記事大切に書いてあげれるということで、日ごろの釣行の際の出来事や感動や感謝を綴って魚たちへの供養の為と自身の振り返えの為にも後世へ残せるよう発信していけたらと思うので末長くお付き合いください。

そんなこんなで幼少期から釣りが好きで大人になっても止められない末期の釣り中毒を発症してしまった Fishギャングくんが昇天するまで 発信する側の立場として頑張っていっくよ~~!!

lit candle in focus photography

 

このブログの主人公紹介

  1. Fishギャングくんってどんな人?
  2. 今に至るまでの生い立ち
  3. 僕の信念・理想・憧れ
  4. どんな行動してるの?
  5. 釣りのジャンルは?
  6. 将来やりたいこと

Fishギャングってどんな人?

https://twitter.com/wolflove227?s=09

はい、僕です!

 東北は赤き果実(りんご)と青き森で有名な県といえば……

そう青森県で男三兄弟の次男坊として誕生し、幼少期の途中から母子家庭になり親父の拳骨を食らうことなく青森県の魚さんと出会い、お友達になりノビノビと慎ましく優しい子に育ってきました。

とにかくアウトドア関係と釣りが好き!!幼少期に父上に連れられて魚に出会ったのをきっかけに「釣り」という手段を知りました。

釣りは竿を用いて一人の人間と一匹の魚が繋がることができるというのが素晴らしいと思い、ぼくは人生の余生を全て釣り人として過ごしたいと強く思いました(*´-`)

魚が見たい→釣りをしった。そこから水辺には魚だけじゃなく植物や動物や虫や小さな生物や変な人やゴミやら沢山の生物が居て四季により様々な姿形になり僕を楽しませてくれることにえらくドップリとハマリました(*´-`)

 

※注意※好青年風にお膳建てしましたが、正直言うと実はサイコパス混じり、野蛮、攻撃的、下ネタ、オフザケ、クレイジーの入り混じった心も持ち合わせておりますw(ただこれらはツイッターに主に表れるのでチェック)

これからの記事で色々垣間見えるかと思いますが今後とも宜しくおねがいしまっす(*´∀`)

今に至るまでの生い立ち

正直いうと、自分でもどうしてこんなに何年経っても釣りが好きでずーと手に携えてるか良くわかならいんですよねw

だいたい周りは小学校はサッカー好きで将来サッカー選手になりたいとか、ケーキ食べるの好きで将来はケーキ屋さんになりゅゥうう。とかとか、小さいときはそうゆってても実際に中学校に上がったり高校になって、いざ就活ってなると全く別の事してたりしてますもんね(‘ω’)

自分が記憶にある最初の魚は幼少期に父上に連れられてサビキ釣り見たサヨリでした。

サヨリ

この口先長い魚を自分で釣ったんじゃなくて、二匹手にとって口先をお互いで刺し合って遊んでました(-“-)

そこから記憶はとくになくて、親の離婚により母子家庭になり小学4年生あたりからサビキ釣りを独学で初めて週末は母上に車で釣れってもらい海でサバやハゼなどを数匹釣っては持ち帰り食べてました。
色んな漁港に行くと釣れる魚も多少変わるため対象魚は得にきめてませんでした。
でも、とある漁港で釣ったハゼを鍋にしたら物凄く味気なくて不味かった記憶は残ってますw

小学校高学年になるとクラスメンバーで集団になって自由発表会みたいなのがあって、自分ともう一人に友人でサビキ釣りの発表をクラスの皆と保護者の前でやった記憶ありますw

一応小学校の時は部活動は兄貴好きだったので憧れてサッカー部に入りましたが、サッカー部や野球部とかも2学校あれば練習試合が可能なんですよね。。。土日が毎週のように練習試合で釣りができなくてできなくて悲しくなった自分は、、、遂に部活に行かなくなりましたww

それでも兄貴の練習試合の時は母上の送り迎えの車に乗って隠れてゲームしてましたw   

しかし、監督に見つかり車越しで対面し「釣りにいけないから部活辞める。」って言って退部しました(*'ω'*)

釣りがすきなんです!!

中学校に上がってからが一番釣り人として成長に近づいた時期でした。違う小学校から入学してきたR君の存在です。それまではエサ釣り(サビキ釣り)ぐらいしか知らなった自分と違い、R君はお父さんがかなりの釣り好きらしく、その影響で彼は英才教育を受けてました。

彼に出会いお互い釣りが好きということで意気投合し、さっそく土日にチャリで田んぼ道を走り小さな小さな小川で魚を釣ることになりました。川で釣りなんてしたことなかった自分は何が釣れるんんだろ?たくさん釣れるのかな?とワクワクしてました。

しかし現実は甘くない。

僕には釣れませんでした。(友人は5,6匹)そして、友人がちょっとした川をジャンプして飛び越えようとした直後着地でミスってびしょ濡れで釣り終了になりました(笑)

    俺ってセンスないのか?

初めて体感するこのやるせない気持ち、、、、。楽しいはずなのに
初めての経験と実力差にナニかを感じてしまったときでした…..

突如不意の一言で始ったルアー釣りというジャンル

とある昼休みの釣り談義の会話からR君から出た言葉
「俺ってあんまエサ釣りやんないんだよね。飽きた。」

( ゚Д゚)ッヘ?
エサつりの会話ばかっりしていた僕の合間にかぶさってきた言葉。
まさか、、僕の会話を飽きて聞いてたのか。

一瞬だけポカーンとしましたが、まあ釣り好き。「なにその釣り?」
一通り軽く説明うけると、まあまあ面白そうな感じなので次の土日に初のルアー釣りにチャレンジ。
対象魚は

「ブラックバス」

なんかカッコイイ名前だね!旨いの??

とりあえず自転車で目的地の沼に到着。ここが人生初の沼釣り。
一投げ目から釣れるわけもなく、沼をグルグルまわって最後に立ち止まったポイントは
ハスの葉が浮いてあり、そこにワーム投げてとR君。

ヒュ~~ポチャン。

僕:まきまきまき♪~~コンッ

うああああ!!きたきたきたーーーー!!!!!!ほらほらほらほららららら!!

夕方ごろに人生初のワームで釣れたブラックバス(20cm)

すごかった、、、。餌じゃなく、プラスチック製のゴムで魚が釣れるんだもん。。。

そこからR君とは高校が別になり関係も過疎ることに。。。。

中学生の時に起こした不祥事

あれは10月あたりに学級閉鎖へと猛威を振るったインフルエンザ
生徒は自宅でインフルエンザ収まるまで安静にお出かけしてはいけません!と。。

何をおもったか、束の間休み。
竿をいくつか袋に縛り、服を着こみ、チャリに足を掛け漕ぎ始める自分。

そう、釣りにいってきまーーーーす!!!

目的地?    

海!!

当時海に近いとこは全くといっていいほど住んでませんでした。
車でさえ片道2.30分くらい。距離でいえば25km?

行きました!漕ぎました!自分!。
釣り場に二時間以上かけて到着。。。
俺は自由だああ!!

って早速竿を準備し、ワームをセット。
初めてのポイントでワームをなげる。。。
あっさり釣れたカジカ君25cm。

た、、、、た、、、たのしい!!!!
帰りの時間も考慮して余裕をもって帰宅。

次の日まだ学級閉鎖のため家でゴロゴロしていたとことプルルルルTEL
「はい?もしもし」
女の人「昨日どこいってたの?}
    ん?
「いや、家で寝てました。」
先生「きのうFishギャングくんが自転車こいでるの見たって連絡あったんだよ。」
( ゚Д゚)

バレてる。  
後日一人別室に呼ばれ説教をくらいました((+_+))

Fishギャング君高校入学!!

Fishギャング君は頭がよろしくなかったのでクラスの大半は地元の高校に行きましたが、僕は厳しかったので別の高校に行きました。

そこでは同じ釣り好きの二人と出会い、一緒にナマズ釣りやブラックバスや磯ロックや投げ釣りやテトラ穴釣り、クロソイ釣りなどルアー釣りのジャンルも対象魚も大幅に増えました。

入学した高校の一番良かったところは
なんと沼と海がそこそこ近い!!
当時入部した部活動は最初の数か月で幽霊部員。生徒会役員になってましたが釣りの為にほぼ活動せず。
学校帰りは母の迎えくるまで沼でバス釣り。ちょっと歩いて海でクロソイ釣りをしてました。
竿は?って
親の通勤途中にある高校だったので仕事上朝早く登校してたので、竿は学校の目の前の排水溝の中に隠してましたw
でも高学年になってから隠すのだるかったので教室に平然と持っていきましたw
壁に置いてましたが、授業中先生が竿を手に取って関心してたので注意もされずに済みました。

今思えば釣りたいから釣りに行くだけでなく、親の迎え待つのに暇だからと学校帰りに釣り場に通ってけた事が一つの釣り場をいろんな季節で頻繁に通う事ができたので非常にいい経験値となりました。
沼なので魚は絶対に抜けることはありません。でも釣れるとき釣れないとき沢山釣れた時など様々な姿を見せてくれました。

この経験が僕の初フィールド開拓での状況把握の早さに繋がったと思います。

高校時代の収入源??

Fishギャング君高校生の時のお小遣いは月5000円でした。

5000円じゃ道具買うのにも一苦労です。ここでどうして色々な釣りができたかというと、とある収入源があったからです。
1.中学時代の友達T君
 僕はPS3持ってて当時CODってFPSゲームしてました。そこでT君を家に招いて一緒に遊んだところ、毎週のように朝から夕方まで入り浸るようになりました。
僕自身ゲームはそこまでやらないし、釣りがあるのでふと思いついた!
朝から晩まで勝手にゲームしてっていいからお金置いてってよ、俺釣りいくから
たしか2000~4000円ぐらい友達が来るたびに置いてってもらいましたw
これがおっきな収入源で僕は色々釣り竿買うことができました。
ただ、これでは僕がただの悪者みたいになってしまうので、ちゃんとご奉仕はしました。
・釣ってきた魚を食べさせる・ホットケーキを作って食べさせる・部屋の中でBBQ(コレは煙やばくて中止)って感じでちゃんとご飯用意してあげてました!
でも僕のご奉仕料理に飽きたT君は自己マネーでピザをデリバリーして一緒に食べてたこともありました。

ゴメンヨT君。社会人になって最近連絡すらしてないけど、もし君が帰省してきたら焼肉奢るよ!。

2.月末テスト期末テスト
これは僕から母上への提案でした。「テストで3位~1位取れたら一万円くれる?」いいよと。
高校でもほとんど勉強してないFishギャング君。赤点じゃなきゃいーや。
一万円貰えるとわかったら頑張りますよね?

ただ、根っからの勉強嫌い…

でも一万円は在学中何度か手に入れることができました!
その勉強法は…テスト前日一夜漬け大作戦!
これにてたった一晩の勉強でクラス一位、学級3位以内。数学テスト100点。
いただきました!!

まーこのおかげでエンジョイできました。


僕の信念・理想・憧れ

ぶっちゃけ可能なら仕事から離れて自給自足の生活がしたいです。
言い換えると「囚われない生き方」
別に高級車のりたいとか、都会行きたいとかそうゆうの全くないです。
人としての当たり前の生活。自分で食べるものを育て、もしくわ狩り、自分で捌いて管理して調理してたべる。そしてお風呂に入り屋根ある部屋で眠る。

いまの世の中金さえあればなんでもやれるし、手に入るでしょ?
それに頼りっぱなしじゃなくて自分で必要だと思ったことは自分でやる(出来なきゃ出来るようになる)自分で手間暇かけてやる。そしていただく。
自給自足のできる能力が今の人たちは欠如してるかと思います。
別に文明社会が嫌いだとはいいませんが、自分がしたいようにできない生活ってかなり息苦しいです。もっと自由にしたいことして求めすぎず自然と共に生きたい。

そもそも仕事に囚われて社会人というステータスを身に着けてるからこそ、周りの世間体の目線気にしなきゃならし、行動も規制されるし、法律で罰せられるし、一時でも解き放たれたいが為にしたいことばかり膨らんでお酒の力に身を委ねて不祥事働いたり、あれもこれもって浪費しちゃうんじゃないかと思います。


自給自足の生活にした場合、必要以上の行動はとる必要ないし(疲れるから)必要以上にえり好みして食べ物を無駄にすることもありません。
また、変なプライドにこだわる必要もないでしょう。

不自由な暮らしこそ沢山欲求生まれるんじゃない?

って思う方がほとんどだと思うけど、そんなこと無いです。
不自由ないつもりで生活してるって思ってるからこそ何か手間がかかることやアレがあったら便利だなって逆に不自由を感じてしまうんですよね。

例えば食材を切るのに便利な「包丁」を買ったとします。
包丁を使えば「まな板」が必要になり次は洗うための「洗剤」と「スポンジ」また「研ぎ石」に..
これで終わりかと思いきや、もう少し短い包丁欲しい、食材別に専用包丁が、、、、って。

どんどん派生していくんですよ。

だから僕は囚われない生き方すなわち自給自足の生活に憧れを抱いています。

そんなこんなで。

どんな行動してるの?

基本は情報収集

どんなアクション起こすにもまずは情報。 これ無くしては何もできまへん。せやかて今の時代はインターネットありますねんから地域名+キーワードで検索してブログみたり、スマホでSNS使って地元の釣り人フォロー(釣れてる人)して自分が実際に行かなくても随時釣果チェックできるようにしてます。それが暇な時間の日課というか、、、、

とにかくポジティブ思考

情報ある程度手にいれたらあとは自己暗示ですわ。自己暗示。「あそこをこう通したら...ガツン❗️」とか「釣れたらどうゆうポーズで写真とろうかな~」とかね

釣り場に向かうまでは頭の中爆釣オンリーしか考えてません(笑

釣りのジャンル

渓流・沼・湖・河川・海・オカッパリ・船(ゴムボート)問わず

まずは海!のエサ釣り (青森県問わず)

・投げ釣りでカレイや夏の夜釣りでアナゴ。
・サビキ釣りで子サバや冬はチカ釣り。
ブラー使ってイソメで探り釣り!←コレが一番好きで釣れる!
・テトラポッドのブラクリで穴釣り
・イソメやエビを使っての真鯛釣り

海のルアー釣り(青森県秋田県岩手県)

・ヘチ釣り(小型ワームで際チョンチョンダート)
・メバリング
・ハードロックフィッシュ
・クロソイナイトゲーム
・シーバス釣り
・オフショアジグング&ショアジギング

淡水の釣り(青森県岩手県滋賀県)

・ブラックバス(青森県秋田県岩手県~飛んで滋賀県琵琶湖)
・渓流釣り(イワナのエサ&ルアー)
・ナマズ釣り(ルアー)
・鯉パン釣り
・ザリガニ釣り

二馬力ゴムボート使用

・秋田県のボートシーバス
・秋田県のオフショアジギング&鯛ラバ
・秋田県の沼やダムでブラックバス
・青森県の陸奥湾で真鯛釣り
・青森県の下北で五目釣り
・青森県の太平洋側でボートロック

将来やりたいこと

・釣りで日本の北海道から南の沖縄までいき用水路から海まですべての魚を釣る!
・釣り方釣り場とわず自分の人生釣り図鑑を埋める
・猟銃免許手に入れて狩猟をする
・MYレジャーボート手に入れて夜釣りでロックしたり、24時間耐久ジギングする
・釣りを通じて人見知りをなくし友達をつくる
・誰も釣ったことないようなサイズを釣る

総括

僕は母子家庭で育ってきまして、釣りの師匠といえる大人の人が身近にいなかった現実の中。
その中で徐々に成長するにつれ、釣りを止めたりただの暇つぶし程度と決めつけず「面白い・もっと色んな魚たちと出会いたい」ってそう思ったときにネット検索によって色んな地域の色んな方のブログや動画を見させていただき、その時だけまるで自分も一緒に釣りをしているかのような錯覚に陥れてくれるほどの文章とその方たちの釣果に本当にお世話になりました。

だから僕の様々なジャンルの釣りの師匠は口もきいたことのない顔も知らない、ブログ・動画を上げてくれた方々です。

自分が子供だった10年以上前に比べてネットの利用率や年齢層も非常に広くなりました。
僕と同じような境遇で釣りに行きたくても分からない、教えてくれる人も居ない、地域的にやれる釣りが限られている等、苦労している人たちが僕のブログをいつの日か・・たどり着いて読んで少しでも良かった。タメになった。一緒に釣りしてるかのようだ。と思ってもらえれば光栄です。

自分の釣果を綴ったり、自分の経験したこと、釣りで学んだこと、釣りを通じて自然と触れ合うこと、釣りを通じて他人と繋がりをもてることに日々刺激を受けて自分という人間が成長し変化していく過程を自分の言葉で記事にしていきたいと思います。
それがもちろん自分の為であることと平行してこのブログに訪れてくれた人の為になるよう怪我事故ないように楽しんで!末永く水辺の生き物たちと共に歩んでいきたいと思います。

これからも( `・∀・´)ノヨロシク!

シェアする
Fishギャングwolfくんが仲間になりたそうにこちらを見ている↓↓
青森県に棲む25歳Fishギャングの釣り&娯楽極楽の里

コメント

  1. ゆとゆと より:

    頑張ってw

    • Fishギャングくん より:

      ありがとうございます

      人見知りで口下手でも頭の中は言葉沢山浮かんでるから文字ならいける(*´-`)